ヘンデル作曲 オラトリオ

『時と悟りの勝利』

全2部

台本:ベネデット・パンフィーリ


George Friedrich HÆNDEL1685-1759"Il Trionfo del Tempo e del Disinganno" HWV46a

Libretto da Benedetto Pamphili


NAXOS MUSIC LIBLARY

第1部
 
Sonata  
 
Aria
  真実を映す鏡よ、お前のなかに私は見る、
  そう、輝くばかりのわが青春の姿を。
  いつの日か私も変わってしまうけれど。
   お前はいつまでもお前のまま。
   お前のなかに自分を見続ける。
   たとえこの美しさがいつか失われてしまうとしても。
 
Recitativo 快楽
私は快楽の名で呼ばれるものだ。
断言しよう、お前はその美しさを失いはしないと。
私は美。でしたらお誓いいたしましょう、決してあなたを見限ることはないと。
もしその誓いを破ったならば、痛みと苦しみがその報いとなるのですから。
 
Aria 快楽
  憂鬱も悲しみも、決して減じることはない。
  ひとつの孤独は、千の孤独を生むのであるから。
   それをわからぬものは、
   ただの一日の幸せも手にすることは出来ぬ。
Recitativo
私の名こそは時…
悟り
悟りを伴い…
…美とはしおれゆく花のようなもの、つまり…
悟り
…一日のうちにして美しく咲き乱れ、そしてついえ去る。
Aria 悟り
  美よ、お前がその輝きを失い、
  哀悩し滅壊するならば、
  それは二度と戻ることはない。
   この世の春と咲きほこるお前の愛らしさも、
   ほんの刹那のものに過ぎぬのだ。
 
Recitativo 快楽
それでは論戦を挑もうではないか…
誰がこの中で最も強きものであるか…快楽と…
美と…
時と…
悟り
悟りのうちで。
 
Aria
  快楽の一軍は私の思いによって護られ、
  また別の一軍は私の傍らで戦う。
   容赦なき時の流れとやらが、この私から輝きを奪い取れるものか、
   ちゃんと見届けてやりましょう。
 
Recitativo
私にかかれば、太陽の巨人すら地平に叩き落されるのだ、
脆弱な美ごときが、それでも私に戦いを挑もうというのか?
 
Aria
  墓場の闇よ、数多の美を囲んで口を開け。
  そしてわれに示すが良い、美の輝きがお前たちの暗黒の中で、
  なおも生き残れるかどうかを。
   否、その口を閉じよ。
   あの者どもは恐怖の幽鬼、おぞましき骸、
   お前の歯の隙間からあやつらを削ぎ落せ。
Recitativo 快楽
あなたの言い分はあまりに酷い。
快楽は、ただ青春の申し子に過ぎぬのに。
 
Duo と快楽
  なんと愚かなことでしょう、花咲ける青春を、
  憂慮と苦悶で過ごすだなんて。
   そんな真面目くさった考えは、
   人生の玄冬のためにとっておけばいいのに。
 
Recitativo 悟り
死は生命の行き着くところ、それは瞬く間にやって来る。
時の流れはたやすく見ることが出来ますが、その終わりを見ることは出来ないのです。
時など目に見えるものではないわ。
あたかも狂気の射手が放った幻の矢のようなもの。
ただそれを信じる者にとって残酷なだけでありましょう。
 
Aria
  時の敵意はきまぐれと貪欲、
  翼と死の大鎌を与えられた。
   その頑迷な支配に挑もうと、
   時を時と思わぬ名案が我がうちに閃く。
 
Recitativo 悟り
愚かにも時を無視しようとは。時こそがお前の輝きを喰いつくしてしまうというのに。
ならば言いなさい、お前の遠祖がお前に何を残したというのか?
冷たい墓石の奥に押し込められた、おぞましき骸骨だけではないか。
年月を重ねて、いったい何が残ったというのです?
おお、浅はかな思い違いですよ!
たとえ季節は年ごとに繰り返しても、美の輝きは決して戻りません。
快楽
人にとって時は常に不愉快なもの。
時のことなど考えないで、うまく立ち回っていれば、いつだって悦びは味わえるものよ。
 
Aria
  人は生まれる、そうとも、赤子として。
  時は始まる、そうだ、真白き冬のさなかに。
   いっぽうは衰滅へと向かい、
   またいっぽうは終末の季節の中より立ち昇る。
 
Aria 悟り
  人は生を以て死を呼び寄せ、
  季節は反復を以て永遠を得る。
   季節は儚くついえ去りながらも繰り返し、
   人はそこにとどまりながら二度と生きることはない。
 
Recitativo 快楽
ここが私の王国だ。いくつにも変化するこの姿を見よ。
見よ、バラの花を頭上に戴く彷徨う青春の群像を。
白亜の大理石に彫り込まれたその姿、まどろむそのさまを。
蔦の若葉のからむケシがその王冠だ。あふれんばかりに、
豊かなその髪はゆったりと流れ、憂鬱に白くなることもない。
ときに見てみよ、方や黒き石に押しつぶされる悲しみを。
笑みとともに、その唇の上で、栄えある青春が奴にとどめを刺す。
そしてその傍らに寄って、誇らしげにこの王国の門を護りながら言うのだ。
「去れ、蒼ざめた知恵よ、二度とここへ戻って来るな!」と。
 
Sonata
 
Recitativo
静かに!あれは何の音かしら?
Aria 快楽
  憂いなき青春は、完全な悦びを知る、
  そうとも魅惑の奏楽のうちに。
   そして新たな趣とともに、この耳の愉しみを見出すのだ。
 
Recitativo
その手は翼を持っているわ、それどころか、この世のあらゆる偉業を超えたものを。
 
Aria
  時がやって来る、そのおぞましい翼に乗って、
  悦びに輝く草原の草を押し倒しながら。
  でもやがて眠りにつき、あるいはその爪を失うでしょう。
   そうよ、どんな助けも意味はない、
   本物の命を生きようとしないのならば。
 
Aria 悟り
  人々は信じ込んでいるのです、
  時はその目に見えぬ羽根を伸ばして休んでいるらしいと。
   けれどもこっそり襲い掛かってこられれば、
   勝負は明らかだと知らねばなりません。
Recitativo
お前は私がまだはるか遠くにいると思っているな。
もうこんな近くまで来ているというのに。
快楽よ、私はあなたが信じられなくなってしまったわ。
あなたはいつも私と一緒にいるけれど、なぜかとても不安なの。
私のそばには、必ず時と悟りの影がある。
我が王国はこの大地全体を包みこんでいるぞ。
私に会いたくないと願うならば、天国に自らの祝福されし場所を得ることだ。
そこは常なる勝利の場であり、私もまたそこへ至ることは出来ぬ。
私の言うことを聞け。快楽がお前をそそのかし、後になって悔やんで私を呼んでも、
私はこう答えるしかないのだぞ「お前の願いを聞くことはもう出来ぬ」と。
 
Aria
  愚かなる者よ、お前はこと自分自身に限っては、時が流れぬとお思いか?
   大海原、続く山なみ、うねる河であろうと、
   固き岩山、その中までさえ、あるいは驚愕に満ちる恐怖さえも、
   未開の地の原住民の穴ぐらにでも、
   この私は踏み込んで行けるのだ。
 
Recitativo 悟り
とうとう快楽がやって来たぞ…
では歓迎してやろうではないか、ようこそ真実の王国へ。
 
Quartetto
  あなたが苦しみの使者でないのなら、
  本当の悦楽に出会うため、
  あなたの導きに従うことにいたしましょう。
快楽
  花咲けるこの道を逸れてはいけない。
  あなたはいずれの道が正しいのかを知らないのだから。
時と悟り
  もしお前がほんとうに快楽を賞賛するつもりなら、
  どうして破滅の鏡から逃れようとしているのだ?
快楽
  私は本物の悦びを与えよう、そうだとも、英雄とやらのために作り出された、
  気まぐれで実体のない幸せなどではなく。
  
  
第2部
 
Recitativo
お前が見ているものは、快楽とやらの偽りの姿なのだ。
今度は、私が真実の本当の姿を見せてやろう。さあ、よく見るが良い。
お前は眼にするだろう、まだ美しいのに、彼女が自分自身を飾ろうとなどしないことを。
白き装束を身にまとい、永遠の太陽のほうを向いている。
その姿は、偽りなき眼差しと祈りを以て、嘘とまことを峻別することを望んでいるのだ。
 
Aria 快楽
  閉じよ、お前のその愛おしい瞳を。
  その思いを他へと向けてくれ。
   さもなければ、お前は終わりのない悲しみに沈み、
   二度と悦びにまみえることがかなわなくなるぞ。
 
Recitativo
お前には3つの道がある。過ぎゆく時を前に、よく考えるのだ。
神聖なる力を拒み、己の浅はかさに沈んでゆくのか。
生れ来たものはいずれ死にゆく、不透明なヴェールの背後のその未来を見ぬふりをするのか。
お前の瞳が、希望と善き業へと開かれた道を見出すことが、本当に出来ないことなのか。
 
Aria
  私は望む、真実のなかに悦楽を見出すことを。
  悦びは、それでもそのなかにある、と信じているのだから。
   そうよ、この辛い運命は、私を嘆きの景色で満たす。
   そして色褪せ、消え去っていくの。
 
Recitativo 快楽
悲しみのなかに生きるのなど、やくざなことじゃないか。
私のことを見て、呼びかけるなら、もう私はそこにいるのに。
 
Aria 快楽
  お前は誓ったはず。決して私のそばを離れることはないと。
  そうすれば悲しみも報いとなることはないと、わかっていたはずなのに。
   もしお前がもう私を愛さないと心に決めたのなら、
   誓いを欠いた者への罰を思い知るだろうに。
 
Recitativo
太陽の光を弱々しく見つめる者よ、その輝きに堪えることが出来ず、
自分の落ち度のゆえに太陽を非難するのか。
お前は何を心に留め、何を思うのか?
 
Aria
  私の胸は二つの心に引き裂かれているわ、
  ひとつは悔悛に向かう心と、もうひとつは悦楽に傾く心と。
悟り
  では聞きましょう、悦楽をは何なのか?
  悦楽、それはきっと私の心をうっとりとさせてくれるもの。
  そしてその後で、後悔を連れて来るもの。
 
Recitativo 悟り
私は言いましょう、お前は真実の鏡を前にして、自らの眼を閉ざしてきたと。
私は恐怖に打ちひしがれて瞳を閉じました。
この美しさと愉悦とを、ともに失うのが怖かったのです。
悟り
霊魂は、地上の儚い存在以上に美しく、世界中の愉悦よりもすぐれて心を充たすものなのです。
 
Aria 悟り
  抜け目なき視線を以て山の頂より見おろす者は、
  暗き谷間に気をとめることはない。
  なぜならそれがとても疎ましいものに見えるから。
   ひとたび過ちを厭う心となったならば、
   心はその誤りを忌むようになろう。
 
Recitativo
確かなる導き手を無視するのは取り返しのつかぬ所業だ。
道を見失い、彷徨っているというのに。
時はお前とともにあり、そして忠告しようぞ、天国はすぐそこだと。
 
Aria
  愚かなる舵取りよ、彼方に迫る嵐が見えるのに、
  どうして針路を変えようと思わぬのか。
   海原をすべる美しき船よ、
   戻れ、戻るのだ、間に合ううちに、港へと。
 
Recitativo
あなたが語ったことは本当だった、でももう遅いわ。
真実を知ることが出来たけれど、惨めな後悔とともに苦しみが拡がるの。
行く道を変えたい、でももう無理。
 
Quartetto
  時よ、私に与えて、決心するいとまを…
  時はお前とともにあるぞ…
悟り
  そして忠告もまた…
快楽
  けれどもその忠告は苦しみに満ちたもの…
  時がお前を廃塵に帰してしまわぬうちに、
  正しき道へと進むのだ。
悟り
  危地より逃れなさい。
快楽
  自分の気持ちに正直なれ、今なら間に合う。
  時よ、私に与えて、決心するいとまを…
 
Recitativo
快楽の住む場所の傍らに、庭園がありました。その空気はとても重苦しく、
そこでは黒い川がどろどろと流れて。
教えてほしいの、この川は何処から流れてきたのか?
悟り
よく聞きなさい、それは後悔の世界にある涙の池から流れて来たのです。
その水は、愚かな恋人たちの深く思い嘆きで出来ている。
それで、その涙の川もやがては海へと届くのでしょうか?
悟り
流れはやがてその路を失い、砂に呑まれてしまうでしょう、
何故ならその川は自らの行くべき場所と、そこへ至る正しい道を忘れてしまったのですから。
それでは、流された涙は?
悟り
それは初めは卑しきものであっても、天国に至れば真珠の如きものとなるでしょう。
 
Aria 快楽
  棘は棘のままで、そのバラを摘み取ればいい、
  お前が痛みを求めたいのなら。 
   白々と心を覆う霜柱は、   
   誰もそうとは知らぬうちに広がってしまうというのに。
 
Recitativo
やっと分かりました。真実が私を呼んでいること、思いやりに満ちたそのご忠告のことが。
もう一度、私に光を見せてください。
快楽
だからそれはここにあると。
さようなら、快楽よ、これでお別れだわ。
 
Aria
  行くべき道を変えましょう、
  私は思う、後悔は先には立たないと。
   私が消え去っていくそのときに、
   己のもはや持たざるものを、
   神様に残しておきたくはないのです。
 
Recitativo
あなたは私のこの手のなかにある、不滅の真実を頂いたこの手のなかに。
そしてあなたはこの手から滑り落ちて、もろいガラスのように地の上で砕け散るのだわ。
快楽
よせ、やめてくれ!
悟り
さあ、どうするのです?
 
Aria 悟り
  身の程知らずにもいい気になっていた、
  けれどもこうして地に落ちるのです。
   あの者は大いなる破滅を迎えるでしょう、
   ユリとバラを操り、数多の欺瞞をでっち上げ、己を嘘で飾ったのだから。
 
Recitativo
私は何を見ているのかしら、この目の前にあるものは何?
自分が美しいと信じていたけれど、この金色にふさぶさとした髪も、
今では不恰好に思えてくるわ。
毒蛇の群れのような後悔と恥辱がこの胸に湧いてくる。
わが悦楽よ、そうです、今こそ地に落ちてゆきなさい。
見てくれだけの垂れ髪よ!今日こそこの思い違いを終わらせるわ。
 
Aria
  重き荷を載せ海を行く船、
  黄金、宝玉を投げ荷しながら波間をすべる。
   何故ならそれが一番の重荷だから。
   捨てるべき宝を見つけよ、この船に要らぬ宝を。
   慈悲なる天国へと至るために。
 
Reci.accomp.
そうです、これが美しき懺悔。
後悔と苦き涙の間に、馬毛で編んだ衣鉢をお与えください、
そして花々を投げ捨てる間に、その棘をお与えください。
砂漠の如き荒れ地にあって、私はひとり生きてまいりましょう。
そうです、嘘にまみれた亡霊として、魔物たちに囲まれながら。
 
Duo 悟りと時
  悟りに導かれた美しきその涙よ、
  光り輝き、すべての花に勝る真珠の如きもの。
   だがそのすすり泣きの湿っぽさは頂けぬ。
   お前の心はすでに浄まっているのだから。
 
Recitativo
快楽よ、あなたは常に私の近くにいたわね。
このガラスのような己の姿を、いま一度見つめなおしなさい。
そして私のもとを去ってほしいの。あなたが生まれた忌まわしい場所へと去って頂戴。
あなたと、いつ、どのように出会ったか、もう思い出すこともない。
あなたとの思い出も、あなたの名前さえも。
 
Aria 快楽
  風に流される雨雲のように、
  私はお前のもとから去ってゆこう。
  怒りと恨みに駆られながら。
   そうとも、嘘とごまかしがわが唯一の糧。
   そんな私がどうして真理に生きられよう?
 
Recitativo
愛と善に至る真実の路を開く天国の叡智よ、
どうか聞き届けてください、天の使いよ、この私の嘆きを。
もしも真実なる永遠の太陽が、消えることなき光を運んで下さり、私を照らして下さるならば、
私の善きおこないが、この大いなる望みに合致するよう、お取り計らい頂きたいのです。
 
Aria
  選ばれし天の使者よ、
  あなたはもう見ることはないでしょう、
  私のなかにあった、不実な欲望、虚しき情念を。
   でも、もし私が真実に背きそうになった時には、
   わが心の守護者となって、連れて行ってほしいのです、
   この私を神様のもとへと。
終わり
 
表紙へ戻る  (原文イタリア語)